終活支援、エンディングノート、遺言の事なら 小平市のさきむら行政書士・FP事務所へ

終活 エンディング(リビング)ノートの完成

まずはエンディング(リビング)ノート作成のお勧め

終活

 

 まずは、エンディングノートを
 作成してみませんか?

 

テレビ等マスコミの終活特集で話題になったので「エンディング(リビング)ノート」の
名前を聞いた事がある方が多いのではないでしょうか?

 

最近は、3、40代のお若い方も作成している方が増えているそうです。

 

かなりの数が売れたので 既にエンディングノートを買っている方も
多いと思います。
買ったまま、そのままになっていませんか?

 

エンディングノートとは、もしもの時に備え家族や友人・知人、医療関係者に
伝えたいあなたの希望やあなたに関するさまざまな情報を記入しておくノートのことです。

 

もしもの時とは、死亡だけではありません。
交通事故や病気等で一時的に意識不明になった時や判断能力が低下した時に、
アレルギーや現在の治療や薬などが書いてあれば、治療も早く安全に出来ます。

 

おひとり暮らしの方は、特に緊急時の連絡先などが必要です。

 

 

エンディングノートに書く内容は、自分の基本情報、家族や親せきの事、
友人・知人の事、財産、借金、ペットの事、加入している保険、治療の希望方法・
介護の事、葬儀・お墓の事や祭祀承継者、遺言書の有無や相続の事、遺言執行人等、
大切な人へのメッセージなどです。

 

エンディングノートは遺言書と違い法的効力はありませんが、あなたの想いを
伝える事によりご家族同志やご親戚の方で意見が違った場合は、
あなたの思いを叶える努力をしてくれると思います。

 

 

エンディングノート作成支援

ご自分の為にも、家族の為にも作成(完成)しませんか?

 

  • 気になる想いはあるけれど、どのように書いたらいいのだろうか?
  • ノートをどこに置いたら良いのだろうか?
  • 家族にどこまで話すべきか?
  • 法定相続人は誰になるのか?
  • 自分が万一の場合の注意点は?
  • 海への散骨費用は?

 

お金の事、法律の事、気になる事は、何でも私にご相談下さい。

 

思いを書類に残すお手伝いを致します。
もちろん内容は秘密にします。
私たちFP、行政書士は、守秘義務が厳しく課せられています。

 

エンディングノート作成支援は10,000円
まずは、お電話かメールを下さい。
042-343-0150(10時~20時)

 

エンディングノート作成後の電話・メール相談は無料ですので、
ご遠慮なくお問合せ下さい。
エンディングノートは、1度書いたら終わりではありません。
1年に一度のご確認をお勧めします。 誕生日前後がお勧めです。

 

まずはお気軽にお電話ください。
さきむら行政書士・FP事務所
 電話 : 042-343-0150  平日10時~20時
 メールは24時間受け付け  ご希望日時のご連絡お願いします。
初回訪問相談無料です。

 

ページのトップへ



ホーム RSS購読 サイトマップ