遺言書作成なら 遺言・相続専門のさきむら行政書士 FP事務所へ

公正証書遺言の特徴と注意点

公正証書遺言の要件と注意点

公正証書遺言の特徴

メリット

  • 遺言書原本は公証役場に保管されるため
  •  →紛失、変造、破棄等の心配がない

  • 家庭裁判所の検認が不要
  • 全国から公正証書遺言の有無を検索できる
  • 公証人が作成するため、無効になる可能性が低い
  • 字が書けない状態でも作成出来る
  • 自宅や病院へ字の出張も可能です

 

デメリット

  • 費用がかかる(公証人費用)
  • 打合せ等に時間がかかる、予約が必要

  • 戸籍謄本、印鑑証明等の書類が必要

  • 証人が2人必要である
  • 証人が知人等の場合、遺言の存在・内容が洩れる恐れがある
  • 修正・再作成の度に時間やお金がかかる

 

 

公正証書遺言書の要件
  • 遺言者が満15歳以上であること
  • 遺言書作成時に、事理弁識能力を有していること
  •  →認知証などの状態で遺言書を作成しても無効となる場合があります。
       成年被後見人の方が、遺言をするためには事理弁識能力が一時回復している時
       医師2人以上の立会いを要件として、有効な遺言書と認められます。

   
無効になる遺言書
  • 上記記載の遺言能力の欠如
  • 遺言内容が公序良属違反・強行法規違反
  • 遺言者の錯誤により作成された場合
  • 遺言方式に違反する場合
  • 遺言が詐欺・脅迫による場合 (取り消しできる)

 

ご検討して頂きたい点と注意点

  •  遺留分を考慮する
  •   ・・・遺留分を侵害する場合は、ご家族の仲が悪くならないように
        その理由や想いを付言事項に記載しましょう。

  •  一部遺言はしない
  •   ・・・遺言書に記載されていない部分が争いの種になる可能性があります。

  •  予備的遺言のご検討 
  •   ・・・遺言書に記載した推定相続人や受遺者が遺言者より先に死亡する事も
        考えられます。
        作り直しの時期に、遺言能力が欠如していた場合遺言書は再作成できません。

  •  遺言執行者の指定の検討
  •   ・・・認知(絶対必要)、 偏った遺言内容、 相続人以外への遺贈、 
        ペットの世話人の指定するなどの場合は、相続人以外の遺言執行者を
        指定する事をお勧め致します。

  •  遺言書の告知
  •   ・・・せっかくの遺言書が、誰も知らず見つからなくては書いた意味がありません。
        公正証書遺言の作成だけでも伝えましょう。
        →相続人から公証役場に検索依頼が出来ます。

     

     想いをトラブルにならないような書類に残すお手伝いを致します。
     もちろん内容は秘密にします。
     CFP、行政書士は、守秘義務が厳しく課せられています。
     法律上無効な事、書いた方がいい事、書かない方がいい事もありますが、
     あなたが納得できる最善の案をお考えします。
     ご不明な事は、何でも私にご相談下さい。

     

    まずはお気軽にお電話ください。
     電話 : 042-343-0150  平日10時~20時
     メールは24時間受け付け  ご希望日時をご連絡お願いします。

     初回訪問相談無料です

     

    ページのトップへ

     

公正証書遺言の特徴と注意点関連ページ

遺言がないとどうなるか
遺言が無い場合の事例です。遺言、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言を残しましょう。作成支援をいています。東京都小平市内は無料訪問相談も行っています。
遺言書を作成した方がよい方
遺言を作成した方が良い場合を説明しています。
遺言書を書く前の準備
遺言、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の作成準備を説明しています。東京都小平市のFP、行政書士です。
自筆証書遺言の特徴と注意点
リビング(エンディング)ノート作成、自筆証書遺言、公正証書遺言、遺産分割協議書作成支援をいています。東京都小平市内は無料訪問相談も行っています。FP、行政書士です。
遺言と生前贈与
遺言、遺言状、公正証書遺言と生前贈与(贈与)の説明、注意をしています。東京都小平市、国分寺市は、無料訪問相談も行っています。
負担付遺贈とは
負担付き遺贈について特徴や注意点を説明します。東京都小平市の行政書士事務所です。

ホーム RSS購読 サイトマップ