遺言・相続専門の小平市のさきむら行政書士FP事務所へ

Q&A

よくある筆問

Q&A記事一覧

ご相談・ご依頼に関するご質問

Q. メールや電話での相談はできますか?電話では行っていません。メールでは、一般的なご質問のみご返答しています。遺言、相続に関してのご相談は、個別な複雑、特殊な事情等もあり、お聞きする点が数多くあります。多くの情報を正確にお聞きし、ご依頼者の希望に沿ったご提案、問題点のご指摘をしなければなりません。...

≫続きを読む

 

遺言に関するご質問

遺言書の日付を「平成25年1月吉日」と記載しても平気?無効です。具体的に特定できる年月日を記載して下さい。ビデオに録画した遺言は有効ですか?法的には無効です。ご家族等へメッセージとして残す方が増えていますが、文書による遺言書と一緒に残す事をお薦めします。遺留分とは何ですか?遺留分(民法)とは、一定の...

≫続きを読む

 

相続に関する質問

普通養子の相続権は?普通養子の場合は実親と養親の両方の相続人となります。また、実子と養子の相続分は同じです。特別養子の相続権は?特別養子の場合は、実親の相続人にはならず、養親の相続人となります。また、実子と養子の相続分は同じです。孫と養子縁組した後に、孫の父(実子)が死亡した場合の相続割合は?孫は養...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ